動画撮影の機材として代表格と言えば、ビデオカメラです。

お子さんの成長を撮影するために購入する方も多く、誰でも気軽に動画撮影が楽しめます。

そんな中、アクティブな動画撮影が可能な機材としてアクションカメラが注目されています。

今回は、より臨場感がある撮影に適したアクションカメラについて、普通のビデオカメラとの違いやその特徴、実際に購入する際の選び方のポイントをご紹介します。

アクションカメラの特徴

まずはアクションカメラについて、基本的な特徴をご紹介します。

普通のビデオカメラとの違いとは

お子さんの運動会や発表会などに向けて、ビデオカメラを購入するご家庭が多いようです。

一方、アクションカメラはスポーツやアウトドアシーンの撮影に適しており、カテゴリーが違うタイプのカメラとなっています。

普通のビデオカメラとアクションカメラは、撮り方と撮影シーンが大きく異なります。

普通のビデオカメラは、モニターを見ながら調整を加えて撮影していきますが、アクションカメラはヘルメットや自転車やバイクなどに装着して撮影するカメラです。

撮影の仕方が大きく異なりますが、活用シーンも異なります。

日常生活の一コマを撮影するのに適しているビデオカメラに対して、アクションカメラは主にスポーツシーンやアウトドアシーンで活躍します。

例えばヘルメットに装着して撮影すれば、臨場感がある動画を撮影できます。

撮影シーンに対応した機能を備えている

自転車やヘルメットなど様々なものに取り付けて撮影するアクションカメラは、アクティブな動きに対応できる様に小型サイズのものが主流です。

コンパクト且つ軽量で装着しやすく、激しい動きを妨げない仕様になっています。

コンパクトサイズであるため、機能面ではシンプルなものが多いのですが、アクティブシーンに対応できる丈夫なつくりになっている点も大きな特徴です。

さらに屋外の撮影シーンにも対応できるように防水性や耐水性に優れており、さらに臨場感ある撮影に適した広角タイプ、激しい動きにも対応した手ぶれ補正機能なども備えています。

必ずチェックしたい選び方のポイント

アクションカメラの購入にあたって、まずは必ず確認したい選び方のポイントをご紹介します。

選び方などの参考に⇒私が絶対おすすめするアクションカメラ(GoPro)ランキング

装着方法に適したもので選ぼう

アクションカメラを選ぶ場合は、どのようなシーンで使用したいかを考えることが大切です。

例えばマウンテンバイクの臨場感ある動画を撮りたい場合は、ヘルメットやバイクに取り付けやすいタイプで選ぶ必要があります。

また装着には専用の部品が必要になりますから、使用目的に合わせてトータル的に適したものを選んでいきましょう。

販売しているアクションカメラを見ると、形もサイズも機能も、非常にバリエーション豊富に揃っています。

迷うことも多いのですが、各カメラの特徴やおすすめの利用シーン情報を参考にして、自分の装着方法に適しているかどうか判断してみてください。

シーンに対応できる機能で選ぼう

アクションカメラは、様々なアクティブシーンで利用できます。

例えば、水中での撮影も可能です。

サーフィンやダイビングなどのスポーツシーンでも撮影が可能ですが、その場合は必ず防水性の高い製品を選びましょう。

またダイビングでの撮影の場合は、水深に関してどの程度まで対応しているかを確認し、適したものを選ぶ必要があります。

その他、マウンテンバイクのような動きが激しい撮影の場合は、滑らかに撮影できる機能を有したタイプが適しているでしょう。

それぞれの撮影シーンを想定して必要な機能をしっかりチェックしておけば、アクションカメラ選びの失敗を防げます。

画質の精度を考えた選び方のポイント

アクションカメラも高画質撮影が可能ですから、画質の精度を考えた場合の選び方のポイントをご紹介します。

適した解像度で選ぼう

カメラを選ぶ場合、画質の精度は非常に気になるポイントです。

解像度の高いカメラほど綺麗な画質で撮影できるため、こだわりがある方にとっては選ぶ際の重要なポイントになります。

アクションカメラも同様で、解像度がどの程度であるかは必ずチェックして選んでいきましょう。

特に高画質にこだわりたい方は、4kタイプの高解像度モデルがおすすめです。

しかし撮影目的によっては、標準の解像度で充分な場合も少なくありません。

解像度が高いほど値段は高くなる傾向がありますから、撮影目的に適した解像度を意識して選んでください。

その他、画質の良し悪しを左右する機能

画質の良し悪しを左右する機能として「手振れ補正機能」も、確認して選びたいポイントです。

この機能があれば、撮影の際の手振れミスの防止に役立ちます。

デジタルカメラやビデオカメラの多くにも採用されている機能ですが、補正する方式によって手振れ防止精度のランクが異なっています。

具体的にはより優れているのが「光学式」で、一般的なモデルは「電子式」となっています。

光学式は値段が高くなりますが、画質にこだわりたい方には、おすすめのタイプです。

まとめ

アクションカメラが気になっている方や購入を考えている方の参考となる情報として、基本となる特徴や選び方のポイントをご紹介しました。

アウトドアでの各種スポーツシーンにおいて、乗り物やヘルメットなどに装着して使用するカメラとして、臨場感や迫力がある動画を撮影できます。

選ぶ際には必ずどんなシーンで利用するのかを考えて、それに適した装着方法が可能なタイプや機能を有するものを選んでいきましょう。