アクションカメラに必須の性能って?防水性能はなくてはならないもの!

動きのあるものに固定して撮影のできるアクションカメラ、すでに購入して楽しく利用している人も多いでしょう。

反面、試しては見たいけどちょっと心がまだ揺れている人も、少なくないはずです。

でももし、特に海のレジャーが何よりも好きという人なら、アクションカメラは1台用意しておきたいものですね。

アクションカメラには何が出来る

普通のカメラやビデオの場合、まずは手に持って構えてシャッターやスタートボタン、と言う手順が必要です。

スマホのカメラでも、どうやっても片手はふさがります。

一眼レフのカメラなどでは、両手が塞がるのは当然のことです。

そのカメラの常識を覆したのが、アクションカメラです。

自転車やバイクのヘッドに固定したり、サーフボードに固定したりと、これまでには考えられなかった視点での撮影が可能になったんですね。

もちろん撮影者のヘルメットなどに固定すれば、撮影者視点での撮影が可能です。

しかも両手が自由ですので、何かやりながらの撮影も可能だということです。

広角レンズ搭載のものを選べば、人間の視点そのままの映像が撮れることにもなります。

本当に、カメラというものに革命をおこした製品、と言って過言ではありません。

アクションシーンで活躍するので性能的には

両手が自由に使えることが必要なアクションシーンでの利用目的ですので、搭載されている性能も吟味したいところです。

手ブレ防止機能

今の普通のカメラの場合、スマホでもこれはついていることが多いのですが、ちょっとお値段安めのアクションカメラだと、搭載されていないことがあります。

画像のブレはそれなりに効果的である場合もあるのですが、出来れば鮮明な画像を残したいですよね。

手ブレ防止機能の有無も、確認しておきたいものです。

フレームレートの確認

動画自体も、実は静止画の連続です。

この静止画のコマ数、フレーム数が多ければそれだけ、動きもスムースになるのです。

なのできれいでスムースな映像をと思った場合、このフレームレートにも注目してください。

広角レンズ搭載しているか

これも値段によっては搭載されていないことがあります。

と言うよりも、広角レンズの画角がどの程度かによって撮影者視点の映像にも関係してきます。

臨場感に溢れる映像をと思ったら、この広角レンズの画角にも注目が必要です。

当たり前だけど何より必須の防水機能

最も必要で、まず未搭載の機種はないはずというのが、防水機能です。

これがないと、アウトドアでの使用目的が果たせません。

海での撮影はもちろんですが、山などでも天候の急変でいきなりの雨ということもあります。

サイクリング中に、自転車に固定したアクションカメラが雨だけでなく霧などでも濡れてしまうこともあります。

また撮影者に固定したカメラの場合、身体の汗でカメラが濡れることもあるのです。

なのでアクションカメラには防水性能がなくてはならないのですね。

しかしこの防水性も、機種によって差が出てきます。

生活防水程度のものも、安い機種ではあるのです。

これではとても、アウトドアでの使用はできませんね。

防水がどの程度のものなのか、これは最大のチェックポイントです。

撮影シーンによって防水性能も違いが

とにかくアウトドアの場合、生活防水程度のものでは充分ではありません。

海でなくても、ゲリラ的な豪雨を想定しての防水性が必須になります。

またもちろん、スキューバダイビングやサーフィンなどの、海のレジャーで使用する場合には、それに適した防水性が求められます。

防水に特化した機種の場合、水深60m辺りまで対応できるものもありますので、いささかお値段は張りますが投資してみてください。

一般的にアウトドアで使用する場合、防水性は10m程度あれば充分ですね。

またいまいち防水性が信用できないなと感じた場合には、防水ケースの使用も視野に入れてください。

水中撮影などに場合もしかしてを想定して、予め防水ケースも用意しておくのがおすすめです。

最初から購入は心配な人の場合はレンタルも

しかしこれまでのカメラの場合、一般的なものの防水性というのはあまり高くありませんでした。

なのでいくらアクションカメラでも、本当に大丈夫なのかという心配は、初心者にはついて回りますね。

高価なアクションカメラを購入して、防水があまり良くなかったらと、思い切っての利用ができない人も中にはいるはずです。

そうした場合、レンタルで開始するのもおすすめですね。

特にこれはと思ったアクションカメラがあった場合、同じ機種をレンタルで借りてみて、使い勝手や本当に防水がきちんと出来ているのかを確認してみるのです。

これなら安心してお試しが出来ますし、もちろんレンタルショップでも防水性能について質問すれば、しっかりと説明してくれます。

いまいち決心がつかない、と言う場合はレンタルショップの利用から始めてみてください。

まとめ

アクションカメラに必須な機能というのはいくつもありますが、中でもこれがないと始まらないというのが防水性です。

特に水回りで使用する予定でなくても、防水は必ず必要になってきます。

お値段だけでなくこうした性能の確認も、忘れずにしてくださいね。